クレジットカードの利用は節約につながる

クレジットカードでの決済と、現金を利用しての決済は何が違うのでしょうか。
まず、レジなどでのお金のやり取りが無いのは大きいですよね。お金を持ち歩く必要も無く、お金のやり取りなしで決済を済ますのはとってもスマートですし、安心感があります。
それだけでなく、クレジットカード決済の大きなメリットの一つに、ポイント還元があります。これは、各社が定めたポイントプログラムに準じて、利用額に応じたポイントが利用者に付与されるというものです。
これは現金決済ではありえないことですよね。ここで貯めたポイントは、後のショッピングや会社が設定した景品や商品券と交換することができますから、クレジットカードを使えば使うほど結果的にお得にお金を節約することができるということになります。


ポイントプログラムや還元率でクレジットカードを選ぶ

カード会社によって、ポイントの付与される割合は違います。よりお得にポイントを貯めたいと思っておられる方は、ポイントプログラムに力を入れているカードを選んで申し込む必要がありますよね。
102126
比較サイトなどを参考にして、あなたが良く利用するお店での利用でポイント付与に影響は出るのか、などしっかり検討してクレジットカードを作りましょう。
もし、現時点で携帯電話料金、電気代などの固定費を現金、または口座引き落としで支払っている場合もクレジットカードに切り替えたほうがお得かもしれません。そういった必ず支払わければいけない種類の支払いでもポイントを貯めることができますから、カードでの支払いのほうがお得ですよね。見直してみると、クレジットカードでの支払いに切り替えることができるものがまだまだありそうですね。


各社マイレージクラブのマイルも貯まる

よく飛行機を利用される方はご存じかもしれませんが、クレジットカードの種類によっては、ANAやJALなどのマイルをが、利用に応じてカードに付与されます。このカードに付与されたマイルを利用すれば、航空機のチケットを購入する際に割引されますし、あらかじめとっている航空機の座席をアップグレードすることもできます。
このマイルを貯めやすいのはやはり航空会社が発行するクレジットカードです。航空会社の発行するカードなら、そのグループの航空機のチケットの購入や、機内販売などの利用でマイルの付与率が大きく上がります。
これも現金の決済ではありえないお得なポイントなので、クレジットカードならではのメリットです。仕事や趣味で頻繁に飛行機に乗るという方はぜひクレジットカードのご利用をおすすめします。


年会費がかかってしまうけど…?

クレジットカードにつきものなのは年会費です。中には年会費無料のカードも多数存在していますが、やはりお得な優待特典が多数用意されているカードや、ステータスカードと呼ばれる、持っているだけで周囲の人から羨望の眼差しを向けられるタイプのカードは、当然年会費がかかってしまいます。
せっかくポイント還元やマイルでお得に節約していても、この年会費をとられてしまうと無駄になってしまいます。
それでは、年会費がかかるクレジットカードは損なのでしょうか。
101496
そういった、年会費が少なからずかかってしまうクレジットカードの紹介を見てみましょう。そういったカードは年会費無料など比較的年会費が安く設定されているカードよりも豪華な特典が用意されていることが多いです
海外旅行などで広く優待特典を得ることのできるカードや、多額の補償金がかかる保険など、メリットが多く設定されているものが多いです。ですから、多額の年会費がかかってしまうクレジットカードだとしても、結果的に元が取れる、場合によっては年会費以上にお得に利用することができるでしょう。この場合も、結果的に節約できているといえますよね。